イメージ画像

相続放棄は、法律と実務が微妙に異なります。
そのため、相続放棄の判断に迷います。
相続放棄の疑問を解消する、情報提供サイト。



相続放棄と代襲相続

続放棄と代襲相続 (だいしゅうそうぞく)


  代襲相続(だいしゅうそうぞく)とは。

  亡くなった人に子供がいます。

  しかし、相続権があるその子供がすでに亡くなっていて、孫がいる。

  その孫に相続権があることを、代襲相続といいます。

  例で説明します。

  たとえばAさんが「2009年5月8日」に亡くなった場合。

  Aさんの子供に当たるBさんは、Aさんより早い「2002年10月21日」に亡くなっています。

  Bさんの子供であるCさん(つまりAさんの孫)が、Aさんの相続権を持つことになります。

  Cさんは、BさんにかわってAさんの相続権をもらっているのです。

  Cさんは、Bさんの子供としてBさんについての相続権を持つ。

  同時に、Aさんの相続権も持っています。


Aさんの相続
  Aさん(父) →  Bさん(子) → Cさん(孫)

Bさんの相続
  Bさん(子) → Cさん(孫)


  つまり、AさんとBさん、2つの相続権をもっているのです。

  このような状態のことを、代襲相続といいます。


  もしCさんがAさんの借金も相続したくない。

  そして、Bさんの借金も相続したくない。

  こう思っているとします。


  この場合、Aさんとの関係で相続放棄をします。

  そして、Bさんとの関係でも相続放棄をする必要があります。


  または、CさんがAさんの借金は相続したくない。

  でも、Bさんの財産は相続でもらいたい。

  これなら、Aさんとの関係だけ相続放棄をすればよいことになります。

  これで、Aさんの借金は受け取らずに、Bさんの財産だけ受け取れます。

代襲相続では、亡くなった順番が重要

  代襲相続になっているか、どうやって判定するのか。

  それは、亡くなった順番に注目して考えてみてください。

  上の例で言えば。

  Aさんが「2009年5月8日」に亡くなった。

  そして、Aさんの子供である、Bさんが「2010年1月7日」に亡くなる。

  この場合、孫であるCさんは、Aさんとの間で代襲相続は発生しません。

  まず、Aさんの相続権がBさんに移動します。

  その後、Bさんが亡くなり、その相続権がCさんにきただけのことです。

  AさんとCさんの間に、なんら相続関係は発生していません。

  亡くなった順番により代襲相続になったり、ならなかったりします。

代襲相続は、相続放棄をしたら適用されない

  Aさんが亡くなったとき、子供であるBさんが相続放棄をしたとします。

  相続放棄をすると、その人は初めからいないものとして扱われます。

  Bさんの子供であるCさんが、代襲相続でAさんの相続権を持つのでは?

  と考えられますが、これは認められません。


  法律で、代襲相続は相続放棄をしたら適用されないと定められています。

  誰かが相続放棄をしたとしても、代襲相続は発生しないのです。

  したがって、自分が相続放棄をすると自分の子供に相続権がいってしまう。

  こんな事は、ありません。

  法律では誰かの「死亡」以外で孫に相続権がいくことはないです。
  (相続の欠格・廃除というもので、相続権が移動する例外はあります)

  この様に、決められています。

スポンサードリンク

このページの先頭へ