イメージ画像

相続放棄は、法律と実務が微妙に異なります。
そのため、相続放棄の判断に迷います。
相続放棄の疑問を解消する、情報提供サイト。



生命保険金はもらえるのか

命保険は、相続放棄しても受け取れるのか


  相続放棄をした場合、生命保険はもらえなくなると思う方がいます。

  しかし、相続放棄をしても、生命保険の保険金はもらえます。


  過去の裁判例で、生命保険は相続財産ではないとされたからです。

  この裁判例以降、生命保険の契約が何であれ、相続放棄をしても、

生命金はもらえることになりました。


  裁判の判決内容を簡単に言うと、

  「生命保険はその人が死んだ瞬間に、他人にお金を渡す契約が発生するもので あるから、相続財産には含まれない。」

というものです。

  これ以降、生命保険会社は、相続放棄には関係なく生命保険金を支給するようになりました。

  生命保険会社は、相続放棄について、事情を考慮することはありません。

  相続放棄によって生命保険金の受取資格を失うことはない、

という一律の対応をとっています。

  だから生命保険金のことを考えて、相続放棄を迷う必要はないのです。


  生命保険金はしっかり受け取り、ほかは相続放棄で関わらないようにする。

  この様なことは、法律上も実務上も認められています。

生命保険金の受取人が法定相続人の場合

  また、生命保険金の受取人が「法定相続人」となっている。

  そして、自分が相続放棄をしたことで「法定相続人」ではなくなった。

  これでも、生命保険金はもらえます。


  ですから、生命保険会社に、生命保険金の受取りを請求してください。

生命保険金には相続税がかかる

  過去の裁判例によって

「生命保険は相続財産ではない、よって相続放棄しても生命保険金はもらえる」

とされました。

  しかし、税金の世界では生命保険金は相続財産と認定されています。

  だから、生命保険金の金額によっては相続税を払う必要があります。


  過去の裁判によって「生命保険は相続財産ではない」とされたのは、

「民法」という法律の世界の話です。


  これに対し税金は「税法」という法律によって定められています。

  そして民法上の相続財産と、税法上の相続財産は、別の話しなのです。

  「民法」では生命保険金は相続財産ではない、とされました。

  しかし、「税法」では相続財産とされてしまうのです。


  そのため相続放棄をしても、生命保険金を受け取ったら相続税を支払わなければならないこともあります。

  この事を、忘れないようにしてください。

スポンサードリンク

このページの先頭へ