イメージ画像

相続放棄は、法律と実務が微妙に異なります。
そのため、相続放棄の判断に迷います。
相続放棄の疑問を解消する、情報提供サイト。



葬儀費用に預金を使用しても相続放棄できるか

儀費用として預金を使用しても相続放棄できるか?


  相続放棄をする人は、亡くなった人の相続財産を処分してはいけません。

  でも、葬式代を亡くなった人の預金から出すのが普通です。

  こうした後、相続放棄をしたいと思った場合、できるのでしょうか?

  実は、亡くなった人の預金を葬式代に使っても、相続放棄は認められます。

  これは過去の裁判例で認められ、このような取り扱いとなりました。


  お葬式というのは、人が亡くなってからすぐに執り行われます。

  お葬式の段階で、相続放棄のことを決定するのは不可能です。

  亡くなった人の預金から葬式代を出すことは、よくあることです。

  相続放棄をするにあたって葬式代への使用は問題ない、とされたのです。

  ただし、葬式代の費用は一般的な価格であるべき、となりました。


  これは、次の理由からです。

  「葬式代だから金額はいくらでもOK」

  これだと、意図的に金額の高い葬式をする人が出てきます。

  すると、亡くなった人にお金を貸した人の取り分が、減ってしまうからです。


  となると、次の疑問が生まれます。

  「一般的な葬式費用」というものが具体的に金額としていくらなのか。

  これについては、明確な決まりはありません。

  そのため金額の判断は、とても難しいところではあります。

  1つの意見として、200万円以下の葬儀代であるなら、問題ないでしょう。

スポンサードリンク

このページの先頭へ