イメージ画像

相続放棄は、法律と実務が微妙に異なります。
そのため、相続放棄の判断に迷います。
相続放棄の疑問を解消する、情報提供サイト。



相続放棄に必要な書類

続放棄に必要な書類

  相続放棄に必要な書類は、基本的には以下の通りです。

・亡くなった方の戸籍謄本

・亡くなった方の住民票(家庭裁判所によっては不要)


・相続放棄する人の戸籍謄本

・相続放棄する人の住民票(家庭裁判所によっては不要)


・相続放棄申述書(家庭裁判所に備え付けてあります)

・収入印紙800円

・郵便切手(家庭裁判所の場所によって異なります。160円から450円ぐらいです)


  重要事項

  相続放棄の手続きに必要な書類は、家庭裁判所によって少し異なります。

  これは、各地域の家庭裁判所に裁量を任されているからです。

  そのため、まずは提出先の家庭裁判所がどこかを確認して下さい。

  次に、相続放棄に必要な書類を家庭裁判所に電話して確認してください。



  亡くなった方の「兄弟姉妹」、「おいめい」の方へ

  あなたが相続放棄するには、亡くなった方の戸籍謄本が複数必要です。

  複数というのは、次のものを示します。

  亡くなった方が、生まれてから、死亡するまでの間に作られた複数の戸籍。


  ただし、すべての戸籍が揃っているかどうかを、一般の方が判別するのは難しいです。

  そこで、すべて揃っているか、役所の戸籍相談コーナーで確認してください。

  役所の戸籍相談コーナーに相談すれば、もし戸籍がすべて揃っていない場合、揃っていな い戸籍の取得方法もすべて教えてもらえます。

スポンサードリンク

このページの先頭へ