イメージ画像

相続放棄は、法律と実務が微妙に異なります。
そのため、相続放棄の判断に迷います。
相続放棄の疑問を解消する、情報提供サイト。



相続放棄申述受理証明書とは

相続放棄申述受理証明書とは、相続放棄が認められていることが証明されている書類のことです。

相続放棄が認められた場合、家庭裁判所が発行してくれます。

相続放棄申述受理証明書は、相続放棄が認められた場合、自動で発行されるものではありません。

相続放棄が認められた後に「証明書がほしい」と申請しなければ、発行してもらえないのです。

証明書を発行してもらうためには、申請用紙に必要事項を記入して、収入印紙150円を貼り付けて提出します。

証明書は、発行して欲しいときは、いつでも何枚でも、発行してもらえます。

しかしこの証明書は、あまり使うことがありません。

不動産の名義を書き換えるために、法務局に「相続放棄が認められていることを証明する」ときに必要となるだけです。

また相続の銀行預金などを解約するときに、証明書の提出が必要となる金融機関があります。

それ以外の場面で、相続放棄申述受理証明書が必要となることは、めったにありません。

債権者へ相続放棄が完了していることを知らせるためには、通知書をコピーして送付すればよいです。

証明書は、必要になったときはいつでも発行してもらえますので、証明書を今すぐ使う予定がなければ、あわてて発行してもらう必要はないということです。

相続放棄申述受理通知書とは

相続放棄が完了すると「相続放棄申述受理通知書」という書類がもらえます。

「証明」と「通知」の2文字が異なるだけですが、意味合いは大きく異なります。

相続放棄申述受理通知書とは、相続放棄が認められた場合、自動的に1通だけ発行されるものです。

平たく言えば「今回の相続放棄の申し出は、無事に認められました」ということをお知らせするものです。

相続放棄申述受理通知書は、1回きり、1通しか発行してもらえません。

紛失等をしても、絶対に再発行はしてもらえないのです。

家庭裁判所としては「相続放棄が認められていることの証明が必要なら、証明書の発行申請をしてください。」というスタンスだからです。

もちろん、相続放棄申述受理通知書を紛失しても、証明書を発行してもらえばいいわけですから、困ることは特にありません。

債権者などに相続放棄が完了していることをお知らせするためには、通知書のコピーを郵送すれば十分です。

先にも述べましたが、通知書は紛失すると再発行してもらえませんので、債権者へのお知らせはコピーの郵送がよいでしょう。

スポンサードリンク

このページの先頭へ