イメージ画像

相続放棄は、法律と実務が微妙に異なります。
そのため、相続放棄の判断に迷います。
相続放棄の疑問を解消する、情報提供サイト。



3ヶ月を過ぎた相続放棄

相続放棄というのは「相続の開始を知ったときから3ヶ月以内」にしなければならないとされています。

そして「3ヶ月を過ぎた相続放棄」で判断が難しいのは、

いつの時点で相続の開始を知ったか?

とされるかです。

法律の文言では

・死亡を知ったとき
・先順位者の相続放棄を知ったとき

に相続の開始を知ったとされます。

この場合「法律を知らなかった」は、まったく通用しません。

法律では、成人で正常な判断能力があれば「知っていた」とされてしまうので、知らなかったは通用しません。

しかし現実には、何年か経過してから大きな借金が発覚することがあるのです。

このような場合「何年か経過しているので相続放棄できません」となり、多くの人が困ってしまいました。

そこで裁判所は、

「資産や借金の存在を知らなかったことについてやむを得ない理由があるなら、資産や借金を知ったときから相続か開始する」

という判断を示しました。

この判断によって、死亡から何年も経過しても相続放棄が認められるようになり、多くの方が救われたのです。

しかしこの判断基準は、いまだに法律の文言には記載されていません。

いつの時点で資産や借金を知ったとされるのか

3ヶ月を過ぎた相続放棄で次ぎに判断が難しいのは、

いつの時点で資産や借金の存在を知ったのか?

というものです。

相続の借金は、債権回収会社というところから請求書が届いて発覚することがあります。

ところが、債権回収会社の名前というのは、一般の方にとってまったくなじみがありません。

そのため債権回収会社から請求が届いても、

「振り込め詐欺と思って捨てていた。」

ということがあるのです。

債権回収会社にしてみれば、きちんとお知らせをしていたのだから相続の借金を知らなかった、と言われては困ってしまいます。

しかし受け取った本人は、本当に振り込め詐欺と思っていたのだから、仕方がありません。

このような場合、裁判所は「企業よりも一般人を保護する」傾向にあります。

したがって「振り込め詐欺と思って勘違いをしていた」という認識を、裁判所が認めてくれます。

裁判所全体の傾向として、いつの時点から相続の開始を認識したか?については、

「相続放棄をしたい人の申告を信用する」

という傾向になっています。

※あくまで傾向であり、絶対に認めてもらえるわけではありません。

3ヶ月を過ぎた相続放棄のやり方は、PDFファイルをご覧ください。

スポンサードリンク

このページの先頭へ