イメージ画像

相続放棄は、法律と実務が微妙に異なります。
そのため、相続放棄の判断に迷います。
相続放棄の疑問を解消する、情報提供サイト。



相続放棄の取り消し、無効について

わった相続放棄を、自分で取り消せるのか?

  相続放棄をあとになって取り消すことは、法律上は可能とされています。

  しかし実際には、ほとんど不可能です。

  相続放棄を取り消すには、これをしたことについて自分に落ち度がなく、

重大な勘違いがあったことを家庭裁判所にわかってもらう必要があります。

  たとえば、こんなケース。

  亡くなった人に隠し財産があったことを知らなかった。

  そして、隠し財産を見つけられなかったことに自分の落ち度がなかった。

  さらに、後日になって隠し財産が発見された。

  これなら、相続放棄の取り消しを認めてもらえる可能性があります。


  しかし実際に、上記のようなことはまずあり得ません。

  したがって、相続放棄の取り消しが認めてもらえることは非常にまれです。

  もちろん、自分の気持ちが変わったので相続放棄を取り消したい、

という理由では絶対に認めてもらえません。

  自分でした相続放棄を、あとになって取り消すことはまずできない。

  そう考えてもらって間違いないでしょう。

他人が相続放棄を取り消せるのか?

  家庭裁判所で認められた相続放棄を、誰かが家庭裁判所に告げ口をして

取り消されることは、ありません。

  家庭裁判所は、相続放棄をしたい人の意思表示と、その人から告げられた

事実をもとに判断し、可否を決めます。

  誰かの告げ口を判断材料にしたり、また何らの情報を得たからといって、

家庭裁判所が独断で相続放棄を取り消すことはないのです。


  ただし、いったん認められた相続放棄が実は無効である、

という訴えが地方裁判所になされることはあります。

・他人が書類を偽造し、自分の気持ちに反して相続放棄を成立させられた

・うそに基づいて成立した相続放棄で、借金の支払い義務は残っている

  これらが火種となり、相続放棄の無効が地方裁判所で争われることが

あります。

  この場合は、地方裁判所の判決に従って、相続放棄が無効になったりする

こともあります。

スポンサードリンク

このページの先頭へ