イメージ画像

相続放棄は、法律と実務が微妙に異なります。
そのため、相続放棄の判断に迷います。
相続放棄の疑問を解消する、情報提供サイト。



相続放棄するのは誰か

続放棄をするのは誰か


  借金を残して親や親族が亡くなった。

  その時、相続放棄をするべき人は、相続権のある方です。

  したがって誰に相続権があるのか。

  これは相続放棄をする上で、とても重要なポイントとなります。


  相続権は亡くなった方に、近い方から順番に発生します。

  例えば、夫が亡くなれば、奥さんと子供に相続権が発生します。

  まだ未婚で子供もいなければ、親、兄弟という順番に相続権が発生します。

  そしてこのような立場にいる人たちが、相続放棄をする人になります。

相続権が発生する順番

①亡くなられた方の夫または妻は、どんなときも相続権がある

  亡くなられた方の配偶者には、必ず相続権があります。

  ですから、この人たちは、どんな状況であれ自動的にプラスの財産や借金を受け継ぎます。


②家族は、子供→親→兄弟姉妹という順番で相続権が移動

  相続権というのは、順番があります。

順番

1.子供

2.親

3.兄弟姉妹

(ただし夫または妻は、どんなときでも必ず相続権があります)

  つまり、子供がいるときは、親と兄弟姉妹に相続権はありません。

  ということは、子供と親が同時に相続権がある、ということは絶対にないのです。

  親と兄弟姉妹、子供と兄弟姉妹という組み合わせも、絶対にありません。

  相続権には、順番があるからです。

  もし亡くなられた方に子供がいれば、その子には相続権があります。

  子供に相続権があるとき、亡くなられた方の親や兄弟姉妹に、相続権はありません。

  したがって相続放棄するのは、子供のみとなります。

  もし亡くなられた方に子供がいなくて、親と兄弟姉妹だけなら、その両親に相続権があります。

  このとき、兄弟姉妹に相続権はありません。

  したがって相続放棄するのは、親のみとなります。

  もし亡くなられた方のご家族に子供も親もいなくて、兄弟姉妹だけいるとした ら、その兄弟姉妹に相続権があります。

  このとき相続放棄するのは、兄弟姉妹となります。

  このように相続放棄すべき人は、相続権の順番によって決まっているのです。

相続権についての考え方

誰かが相続放棄をしたら、その人は「いないもの」として相続権を考える

  亡くなられた方の子供が、相続放棄をしたとします。

  するとその子供は「いないもの」として考えます。

  次に相続権のある人は親、ということになります。

  子供も親も相続放棄をした場合、その子供と親は「いないもの」とします。

  次に相続権のある人は兄弟姉妹、ということになります。

  つまり、子供が相続放棄しない場合、親や兄弟姉妹には相続権がありません。

  このケースでは、親、兄弟姉妹は相続放棄をする必要はないのです。

  「でも、不安だから相続放棄をしておきたい」

  と思っても、相続権がないから、相続放棄はできないのです。

  相続権のない方が家庭裁判所へ相続放棄の書類を提出しても、 家庭裁判所は相続放棄を却下してしまいます。

  相続権のない方の相続放棄は認められません。

  これは、法律で定められているからです。

スポンサードリンク

このページの先頭へ