イメージ画像

相続放棄は、法律と実務が微妙に異なります。
そのため、相続放棄の判断に迷います。
相続放棄の疑問を解消する、情報提供サイト。



銀行預金や現金はどうなるのか

相続放棄をする場合、残っている銀行預金や現金をどうすればよいのかわからない、という方が多くいます。

まず銀行預金は、そのまま放置しておいてください。

無理に凍結などをする義務もありません。

銀行預金は、さわらないのが基本です。

銀行預金から公共料金が引き落とされている場合は、他の人の口座から引き落とされるように変更してください。

相続放棄がおわったあとの銀行預金は、多額であれば債権者が法的手続きによって回収することもあります。

銀行預金が少額の場合は、誰も手を付けることなく「休眠預金」になっていきます。

もし銀行預金を解約してしまったという方は、解約した現金をほかの金員と分けて、わかるように保管しておいてください。

銀行預金を解約したからといって、相続放棄ができなくなるということはありません。

故人の手元にあった現金は、ほかの現金と分けて、わかるように保管しておいてください。

現実に、故人の手元に残っていた現金の処分が、相続放棄において問題になることは「ほとんどありません。

最終的には、時間の経過とともに、うやむやになっていきます。

亡くなったあとの現金のやりとり

亡くなったと、病院代の支払いや葬儀費用の支払いがあります。

また健康保険から、埋葬費や高額療養費が支給されることもあります。

年金が、2ヶ月遅れて振り込まれることもあります。

このように亡くなったあとは誰でも、現金のやりとりが発生します。

法律の文言をそのまま読むと、このような現金のやりとりをしたら、相続放棄ができないようにも思えます。

しかし実際は、相続放棄をすることができますから、大丈夫です。

このような現金のやりとりをしたら、いっさい相続放棄ができないとしたら、誰も相続放棄はできません。

常識の範囲内で、葬式や後片付けや後処理などをして、それから相続放棄をしてもまったく問題ありません。

極端に非常識なことをしていなければ、相続放棄は十分にできると考えて大丈夫です。

スポンサードリンク

このページの先頭へ