イメージ画像

相続放棄は、法律と実務が微妙に異なります。
そのため、相続放棄の判断に迷います。
相続放棄の疑問を解消する、情報提供サイト。



相続放棄と財産処分の関係

産を少しでも処分したら相続放棄できないのか?


  相続放棄をする場合、亡くなった人の相続財産を処分してはいけない。

  この様な、前提があります。

  では、亡くなった人の持ち物を少しでも処分したら相続放棄はダメなのか?

  という疑問がわきますが、実際にはそんなことはありません。

  資産価値のない持ち物を処分しても、相続放棄は認められます。

亡くなった人の相続財産を処分してはダメな理由

  これには、明確な理由があります。

  相続放棄は、亡くなった方との利害関係を絶つ事です。

  仮に、相続放棄をする前に、財産処分ができるとします。

  そして、亡くなった方に財産と借金がある場合。

  財産の名義を自分にしてから、借金を相続放棄をする人ばかりになります。

  これでは、亡くなった方にお金を貸していた人たちは、不利になります。

  法の前では、平等という原則に反してしまいます。

  そこで相続放棄をする場合は、相続財産をさわる権利はないとなりました。

処分してもいい財産とは

  亡くなった人の持ち物を、相続放棄をするからいっさい触れてはいけない。

  となると、実際の生活では困ることがたくさん出てきます。


  そこで、資産価値のない持ち物を処分する。

  これなら、亡くなった人にお金を貸した人の取り分を減らすこともない。

  この様な事は、実際には問題とはならないと考えられるようになりました。

  しかし、持ち物に資産価値があるかないか。

  これについては、明確な基準はありません。

  また資産価値があるかないか、誰が判定するかなどの基準もありません。

  そのため、その判断はちょっと難しいところです。

  一般的には、質屋などが買い取ってくれないもの。

  これらは、資産価値はないと考えて問題はないでしょう。

  ですから、それらを、捨てたり処分しても相続放棄に影響はありません。

スポンサードリンク

このページの先頭へ