イメージ画像

相続放棄は、法律と実務が微妙に異なります。
そのため、相続放棄の判断に迷います。
相続放棄の疑問を解消する、情報提供サイト。



税金は支払わなくてよいか

続放棄しても税金は払う必要があるのか?


  相続放棄をしたら、亡くなった方に関する税金は、払う必要はありません。


  具体的な、例でお話しします。

  ある人が、所得税と住民税の支払いをしないまま、亡くなりました。

  そして残された家族が、相続放棄をしました。

  亡くなった人の所得税や住民税は、支払う必要はなくなります。


  相続放棄は、強力な力を持っています。

  亡くなった人が持っていた権利や支払義務と、全ての関わり合いをなくすことができるものです。

  亡くなった人が税金の支払っていなくても、相続人の方は、相続放棄をすれば税金の支払いはしなくてすみます。

自己破産との違い

  自己破産した場合、借金の支払い義務はなくなります。

  しかし、税金の支払い義務は残ります。

  自己破産とは、自分の不始末で支払うことのできなくなった借金を、 法律によって特別に免除してもらうことです。

  自己破産はあくまで自分の不始末です。

  だから、税金まで免除することはしませんよ、という意味があります。


  これに対し相続放棄は、自分の意思ではなく相続によって自動的に背負った支 払い義務をなかったことにするものです。

  相続放棄する人になんら落ち度はありません。

  そのため、相続放棄をすれば税金も支払わなくてよくなるのです。

生命保険と税金の支払いについて

  生命保険の受取金は、相続放棄しても受け取れます。

  ですから、生命保険金を受け取った方は、相続放棄をしても、
生命保険金の部分についてのみ、税金の支払い義務があります。

  生命保険金は相続財産ではなく、あなた自身がうけとった財産です。

  その生命保険金については、税金の支払い義務があるのです。

  相続放棄をしたら税金もいっさい支払わなくてよい。

  この話とは、混同しないように注意してください。

スポンサードリンク

このページの先頭へ